知りたい!不動産担保ローンの疑問を解決します!

不動産担保ローンは、金利、返済期間、そして返済できなくなった場合についての3つの条件が揃っている本当に良いローンです。

RSS 2.0

不動産担保ローンの返済期間について考えること

所有する不動産を担保にするということで最も形ある信用をえて融資を受けることのできる不動産担保ローンなのですが、この不動産担保ローンは審査の面でも通りやすいので借りやすく、金利も低い、使用目的が自由であるなど多くのメリットのある商品となります。

▼参照ページ⇒不動産担保ローン審査通りやすい理由と融資金額

しかし、不動産担保ローンを利用するにあたっては、不動産担保ローンの落とし穴にも目を向けておき、知識として持っておくことも重要です。

不動産担保ローンの落とし穴というのは、意外なところにあります。

それは不動産担保ローンの長期に借入期間を設定できると言うメリットの裏に隠されています。

不動産担保ローンは、他のローンに比べて借入期間を長くしてゆとりある返済計画を立てることができるのですが、裏を返せば返済期間が長くなり、また余裕が出た時点で繰り上げ返済をしようと思った場合に、違約金が発生してしまうというデメリットもあります。

これは不動産担保ローンを商品としている金融業者としては、金利設定を低くすることと返済期間の長さを利用して利益を得ているということにもなるので、安い金利で返済をしておいて、いきなり最後に繰り上げ返済となれば、当然痛手を負ってしまいます。

そのことからも不動産担保ローンの返済では繰り上げ返済で金利分得をするという様なことはありません。

あくまでも最初に設定した返済期間の間、返済を続ける必要があります。

その他、不動産担保ローンの長期返済期間においては、不動産の価値が下がるという可能性が高くなると言うケースもあるので注意しましょう。

OFF

Categories: 繰り上げ返済

blogger