葬儀の焼香の順番で親族が揉めるかも?順番決めは重要

先日、友人と葬儀に参列した時の話をしていたら、友人の身内で不幸があった時に焼香の順番で親族がもめたという話をしてくれました。

焼香の順番でもめ事?と思ったのですが、そんな話は結構あるようです。

これはどういうことなのでしょう。

<ピックアップニュース>【終活Q&A】焼香の順番はどうやって決めればいい? – 経済・マネー – ZAKZAK

【葬儀の前に決めておくこと】

焼香の順番は、葬儀の前に決めておくことが大切なのだそうです。

これは親族でしっかり話し合っておかないと、後々もめることもあるそうです。

葬儀の参列者が思っていた順番よりも後になると「自分をないがしろにした」と怒ったり、後で嫌味を言うことがあるのです。

【焼香の順番とは】

焼香をする順番は、基本的に故人と関係が濃い人から薄い人という流れです。

ですから、喪主、遺族、親族、会社関係、友人、一般の参列者という順が基本です。

会社関係は肩書順ですし、一般の参列者は着席している順にしますので問題はありません。

親族の順番が大切なのです。

例えば男性が亡くなったとしてその妻と子がいたら、妻、子、孫、兄弟姉妹の順になります。

子が喪主だと、子、妻、孫、兄弟姉妹という順になります。

しかし、故人と同居していた親族がいた場合、血縁の濃さに関係なく親族よりも先になることがあります。

【焼香で揉めない為にはどうする?】

地域によっては焼香の順番は家族単位でと考える所が多いようです。

そのため、一部地域ではお嫁さんの方が実の子よりも先に焼香をすることが出てくることがあるそうです。

そうなると実子から文句が出たりすることがあるのです。

もめないためには、事前にこんな風に焼香の順番は決めたからときちんと伝えるとか、親族で順番を決めるようにすると良いですね。

1月
1

Comments are closed.