葬儀の焼香のスタイルは3通りあるので知ってこう

最近の葬儀は葬儀場で行われることが増え、椅子席のことが多いですが、中には葬儀場でも和室で行われることがありますし、自宅で葬儀が営まれることもあります。

焼香のスタイルも3通りあり、会場によって使い分けられるようです。

【焼香の3つのスタイルとは】

焼香のスタイルには、立礼焼香、座礼焼香、回し焼香の3つがあります。

立礼焼香は椅子席のある葬儀場などでの葬儀でよく使われ、座礼焼香は自宅や寺院、和室の葬儀場などで使われます。

回し焼香は葬儀の会場が狭いとか、参列者がたくさんいる場合に選ばれます。

【それぞれの焼香の手順】

立礼焼香は、祭壇の前に焼香台があるので順番に行きます。

葬儀社の担当者などが前へ出るタイミングを知らせてくれますので指示があるまで座っていて構いません。

焼香台の手前まで行き僧侶と遺族の皆様に向かって一礼し、遺影に合掌します。

そして焼香をして合掌し、遺族に一礼して席に戻ります。

初めて参列してこのスタイルでちょっと緊張しましたが何とかうまくできたと思います。

座礼焼香の場合は、焼香台までは中腰で行き、正座をして焼香をします。

回し焼香は焼香炉が座っているところに回ってきますので、その場で焼香をし、隣の人へ回します。

【基本動作は同じ】

焼香には3つのスタイルがありますが、基本動作は同じです。

私たちのような20代の人だと、葬儀の焼香というとちょっと緊張しますが基本動作さえしっかり覚えておけばどんなスタイルであっても大丈夫です。

1月
1

Comments are closed.