葬儀の宗派によって異なる焼香の方法

葬儀で行う焼香の基本的なやり方はわかりますが、1回で良いのか3回はやらないといけないのか、よくわからないものです。

この焼香の回数は、仏教の宗派によって決められているそうです。

葬儀が何宗で行われているのかがわかれば、迷うことはないですね。

【宗派による回数の違い】

私は焼香の回数は仏教だったら皆同じだと思っていました。

しかし宗派によって回数ややり方が違うのを知りました。

宗派による違いを全部覚える必要はないでしょうが、違いがあることをちょっと頭の片隅に置いておきたいですね。

まず、天台宗は特に回数に決まりはありません。

1回でも3回でも良いのです。

真言宗は3回、浄土宗は特にこだわりはありません。

浄土真宗本願寺派はおしいただかずに1回、浄土真宗大谷派はおしいただかずに2回、臨済宗は1回、曹洞宗は2回(1回目はおしいただき、2回目はそのままで)、日蓮宗は1回か3回となっています。

【決まり通りにやらないとだめ?】

このように、宗派によって焼香の回数が違います。

しかし、葬儀の会場の都合や参列者の人数によって3回と決まっている宗派でも1回でと言われることがあります。

特に何も言われない場合は宗派に合わせてやればいいのですが、宗派がわからないと困りますよね。

ある宗派では、形式的に3回するよりも、心を込めて1回する方が尊く見えるとも言われています。

ですから亡くなられた方へ心を込めて1回焼香をすれば、十分なのではと思いますね。

1月
1

Comments are closed.